中国 河南省 大雨被害 25人死亡 7人行方不明 120万人超が被災

中国内陸部、河南省の記録的な大雨による水害では、これまでに25人が死亡、7人が行方不明になっています。被災した人は120万人を超え、中国政府が救助活動を本格化させています。

国営の中国中央テレビなどによりますと、内陸部の河南省では今月17日以降、大雨が断続的に降り続いています。

中心都市の鄭州では現地時間の20日午後5時までの1時間の雨量が200ミリを超え、観測史上最も多くなりました。

この大雨で各地で洪水が発生し、このうち鄭州の地下鉄ではトンネル内の車両が浸水し12人の死亡が確認されました。

土砂災害や住宅の倒壊なども相次ぎ、これまでに合わせて25人が死亡、7人が行方不明になっていて、被災した人は120万人以上にのぼるということです。

鄭州には自動車関連などの日系企業が進出しており、このうち、日産自動車の合弁会社の工場が21日に生産を停止するなど影響が出ています。

鄭州では河川の水位が上がっていることから、引き続き洪水の危険性があるということで、中国政府は軍の部隊などによる救助活動を本格化させています。