大阪のホテルからいなくなったウガンダの選手 成田から帰国

東京オリンピックの事前合宿で滞在していた大阪のホテルからいなくなり、20日三重県内で見つかったウガンダの選手が21日夜、成田空港から帰国しました。

東京オリンピック ウガンダ選手団のメンバーで、ウエイトリフティングのジュリアス・セチトレコ選手(20)は、今月16日、滞在先のホテルに「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕事をしたい」などと書いたメモを残して所在が分からなくなっていましたが、20日、三重県四日市で保護されました。

セチトレコ選手は21日未明、警察官に付き添われてウガンダ大使館のある東京・渋谷区に移動し関係者などと今後の対応を協議していましたが、帰国することを決めたということです。

そして午後10時ごろ、成田空港で飛行機に乗り込みました。

セチトレコ選手は茶色っぽい帽子を深くかぶり、報道陣の問いかけに応じることはありませんでした。