日本電産 “今後5年間で売り上げ4兆円に引き上げる”方針

大手電子部品メーカーの「日本電産」は、21日、2025年度までの中期経営計画を発表しました。この中で、EV=電気自動車向けの事業を拡大するなどして、今後5年間で売り上げを2.4倍の4兆円に引き上げる方針を示しました。

日本電産は、21日の決算発表に合わせて2025年度までの中期経営計画を発表しました。

この中で、EV向けのモーターの生産など車載事業を拡大したり、企業の買収を進めたりして、売り上げを4兆円に引き上げる方針を示しました。

昨年度の売り上げは1兆6180億円で、5年間で2.4倍に増やすことになります。

また、EV向けのモーターに関連する製品の生産などに向けて、台湾のホンハイ精密工業と合弁会社を設立するための検討を始めることも明らかにしました。

一方、ことし4月から先月末までの3か月間の決算では、中国でEV向けのモーターの販売が好調なことなどから、売り上げが4474億円とこの時期としては過去最高を記録しました。

また最終的な利益は、去年の同じ時期と比べて66%増えて334億円となりました。

オンラインで会見した永守重信会長は、「計画の実現は容易ではないが、可能な範囲の目標だ。経営の基本は残しつつ、『第2の創業』と捉えて成長していきたい」と述べました。