IOCバッハ会長「世界に向けた希望を伝える大会に」

IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長が会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で開幕を迎える東京オリンピックについて「日本だけでなく世界に向けた希望を伝える大会になる」と改めて大会の開催の意義を語りました。

バッハ会長は、21日まで都内で行われたIOC総会のあと、会見を行いました。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、21日、ソフトボールから競技が始まったことについて「日本にとって大勝利だったと聞いている。開催国としてさい先のよいスタートになったのではないか」と日本の勝利をたたえました。

そのうえで「まもなく大会が開幕しスタジアムには選手たちが待ち望んだ喜びが訪れる。日本だけでなく世界に向けた希望を伝える大会になる」と改めて大会の開催の意義を語りました。

また、21日の総会では、WHOのテドロス事務局長がスピーチを行い、感染拡大を抑えるためには、大会を通して対策の継続が何よりも重要だと訴えました。

これを踏まえて、記者から「新型コロナの感染が増え続け、大会の感染対策への心配の声が聞かれるが、どう説明するか」と問われたバッハ会長は「大会のコロナ対策には専門家の最高機関であるWHOが責任を持った。これに私がつけ足すことはない」と述べ、WHOの助言を受けて作り上げた大会の行動指針、「プレーブック」による感染予防策に自信を示しました。