東京オリンピック 無観客の開会式 出席する関係者は約950人

23日に無観客で行われる東京オリンピックの開会式について、大会組織委員会は、大会関係者や各国の要人が海外と国内、合わせておよそ950人出席する予定だと明らかにしました。

東京オリンピックの開会式は、新型コロナウイルスの感染対策として無観客で行われる一方で、大会の運営上必要な役割を持つ関係者や、各国の要人は出席することになっています。

ただ、組織委員会は出席者の人数をできるだけ絞る方針を示していて、21日の時点で開会式に出席する予定の大会関係者や各国の要人は、海外と国内合わせておよそ950人だと明らかにしました。

具体的には海外からの出席者が800人、国内が150人で、今後、さらに少なくなる可能性もあるということです。

大会関係者には、IOC=国際オリンピック委員会の委員や、競技団体の代表、将来のオリンピック開催都市の関係者、それに、放送局やスポンサー企業の代表者などが含まれているということです。

開会式に出席する大会関係者などをめぐっては、観客を入れる前提だった、6月下旬の時点で、1万人程度にするとしていて、その後、無観客での開催が決まったことで、出席者をさらに少なくするための調整が行われていました。