2032年 夏のオリンピックはオーストラリアのブリスベンに

2032年に行われる夏のオリンピックとパラリンピックはオーストラリアのブリスベンで開催されることが決まりました。

オーストラリアで夏の大会 2000年シドニー以来32年ぶり

IOC=国際オリンピック委員会は21日、東京都内で開いた2日目の総会で2032年夏のオリンピックとパラリンピックの候補地となっているオーストラリアのブリスベンについて、正式に開催地とするかどうかを決める投票を行いました。

はじめにブリスベンの代表団が最後のプレゼンテーションを行い、競技会場には既存の施設を80%以上の割合で使うことで持続可能な運営に取り組んでいくことや、政府からの全面的な財政的な支援があることなどをアピールしました。

このあと出席した80人のIOC委員による投票が行われ、過半数となる72人が賛成して、ブリスベンが正式に2032年の大会の開催都市となりました。

オーストラリアでのオリンピック開催は1956年のメルボルン大会、2000年のシドニー大会に続いて3回目、パラリンピックは2回目となります。

また総会では、来年北京で予定されている冬のオリンピックについて大会の準備状況の報告などが行われ、サマランチ・ジュニア調整委員長が開幕までおよそ2か月となることしの年末に、各国の選手や関係者を招いたテスト大会を改めて開催する計画を明らかにしました。

ブリスベンとは

2032年の夏のオリンピックとパラリンピックの開催が決まったブリスベンは、オーストラリア東部にある国内第3の都市で、人口はおよそ250万です。周辺には、世界遺産に登録されている世界最大のさんご礁帯「グレートバリアリーフ」のほか、リゾート地として知られるゴールドコーストやサンシャインコーストなどがあり観光業が盛んです。

オーストラリアでは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、去年3月から外国人の入国が原則として禁止され、観光業が大きな打撃を受けていることから、現地では今回の開催地決定を観光業の回復につなげたいという期待が高まっています。

日本との時差はブリスベンが1時間進んでいて、大会が開かれる見通しの7月から9月にかけては南半球のオーストラリアでは冬から春にあたり、ブリスベンの平年の最高気温は20度台前半となっています。地元州政府によりますと、競技会場や選手村などの大会関連施設はブリスベンのほか、ゴールドコーストとサンシャインコーストにも整備される予定です。

菅首相 モリソン首相に祝意伝える

2032年夏のオリンピック・パラリンピックの開催地がオーストラリアのブリスベンに決まったことを受け、菅総理大臣は、モリソン首相に祝意を伝え、大会の成功を祈る書簡を送りました。

橋本会長「レガシー引き継がれる」

東京大会組織委員会の橋本会長は「スポーツ界は新型コロナウイルスという困難に直面しましたが、オリンピック・ムーブメントは着実に歩みを進め、ブリスベン大会の決定を迎えたものと感じています。史上初の延期となった東京大会はさまざまな課題に挑戦する大会となりますが、レガシーとともにオリンピック・ムーブメントが引き継がれ、発展していくものと確信しております」というコメントを出しました。

ブリスベン市長「新モデルに」

2032年夏のオリンピック、パラリンピックの開催都市に決まったブリスベンのエイドリアン・シュリナー市長は「1980年代から招致を試みてきた世界最大のスポーツ大会を開催できることを本当にありがたく思う。ブリスベンは中規模の都市だが、予算を削減しながらオリンピックのメリットを最大化できると思っている。そうした取り組みはこれから招致をする都市の新たなモデルとなるだろう。10年先になるが失望させないショーをお見せしたい」と喜びを語りました。

ブリスベンで市民歓声

ブリスベンでは、屋外の特設会場に大勢の人が集まり、IOC総会の投票結果の発表を待ちました。

そして、現地時間の午後6時半ごろ、2032年夏のオリンピックとパラリンピックの開催地に決まったことが発表されると、大きな歓声が上がりました。

オーストラリアでは、インドで確認された変異ウイルスのデルタ株の感染拡大によって、最大都市シドニーなど複数の都市や州で外出制限が続いていますが、ブリスベンではマスクの着用以外の規制はほとんど撤廃されていて、集まった人たちは音楽に合わせて踊りながら喜びを表していました。

オーストラリアの公共放送ABCは決定の瞬間を生中継で伝えるなど、2000年のシドニー大会以来、オーストラリアで32年ぶりとなるオリンピックとパラリンピックの開催に、国内では高い関心が集まっています。

2026年冬のオリンピック 山岳スキー正式種目に

IOCは今回の総会で、2026年にイタリアのミラノとコルティナダンペッツォの共催で行われる冬のオリンピックで、ヨーロッパで人気の山岳スキーを正式種目として採用することを決めました。