オリンピック テコンドー日本代表 選手村入り

東京オリンピック、テコンドーの日本代表が選手村に入り、3大会連続出場となる濱田真由選手は「夢の金メダルを取るため、頑張っていきたい」と決意を話しました。

テコンドーの日本代表選手は21日、選手たちの生活拠点となる東京 中央区晴海にある選手村に入りました。

これに合わせて代表選手が会見し3大会連続出場となる女子57キロ級の濱田選手は「海外でのオリンピックと違い、きょうは選手村に移動するときも安心感があった。小学生のころからの夢である金メダルを取るために頑張っていきたい」と決意を話しました。

女子49キロ級の山田美諭選手は「やっとここまで来られたという気持ちが非常に大きい。メダルを取ったところをお世話になった方たちに見てもらいたい」と心境を話していました。

男子は、58キロ級の鈴木セルヒオ選手と68キロ級の鈴木リカルド選手が兄弟で出場します。

兄のセルヒオ選手は「夢にまで見た舞台にいざ出られるとなると本当に出られるんだなという思いだ。ここまできたからには必ず金メダルを取る」と意気込みを話しました。

弟のリカルド選手は「少し緊張しているがわくわくもしている。全力で楽しんで自分たちを助けてくれた人たちに最高のプレゼントをあげたい」と話していました。

テコンドーは男女ともに千葉市美浜区の幕張メッセで今月24日から4日間の日程で行われます。