内陸中心に猛暑日 あすも西日本などで猛烈な暑さに 熱中症警戒

全国的に21日も気温が上がって内陸を中心に35度以上の猛暑日となりました。22日も西日本などで猛烈な暑さが予想されていて、熱中症に警戒が必要です。一方、大気の状態が非常に不安定になり21日夜にかけて激しい雷雨になるおそれがあり、土砂災害や川の氾濫に厳重に警戒し、安全を確保してください。

気象庁によりますと日本付近は21日も全国的に晴れ、午後5時までの最高気温は、
▽山梨県の甲州市勝沼で37.7度と3日連続で37度を超える猛烈な暑さとなったほか、
▽山形市と福井県小浜市で36.9度、
▽兵庫県の朝来市和田山で36.6度、
▽埼玉県鳩山町で36.3度、
▽京都市で35.9度、
▽東京 練馬区で35.4度などと、
内陸を中心に猛暑日になりました。

また、
▽北海道旭川市で34.7度、
▽福岡市で34.4度、
▽名古屋市で33.8度などと、
全国的に厳しい暑さとなりました。

22日も西日本などで猛暑日となる見込みで、日中の最高気温は、
▽大阪市や京都市、甲府市、埼玉県熊谷市で36度、
▽佐賀市や松山市、広島市、奈良市などで35度、
▽東京の都心や福岡市、神戸市、山形市などで34度、
▽熊本市や徳島市、名古屋市、横浜市などで33度と予想されています。

今週は全国的に気温が平年よりかなり高い日が続く見込みです。

外出はなるべく避け、こまめに水分を補給するほか、屋内では適切に冷房を使用し、屋外では人との距離が十分あるときには、マスクを外して休憩するなど、熱中症に警戒してください。

一方、東日本や東北を中心に大気の状態が不安定になり、内陸などで雨雲が発達しています。

レーダーによる解析では、午後4時10分までの1時間に岩手県の花巻市東部付近で、およそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

岩手県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

土砂災害や川の氾濫に厳重に警戒し、安全を確保してください。

また、午後5時半までの1時間には秋田県藤里町で40ミリの激しい雨が降りました。

東日本や東北を中心に21日夜にかけて、雷を伴って非常に激しい雨が降り、特に関東北部では局地的に、1時間に70ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は土砂災害のほか、低い土地の浸水や川の急な増水にも警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」に十分注意するよう呼びかけています。

晴れていても天気が急変するおそれがあり、急に冷たい風が強く吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなど安全の確保を心がけてください。

秋田 湯沢 93歳男性 熱中症疑いで死亡

21日昼ごろ、秋田県湯沢市で93歳の男性が畑で倒れているのが見つかり、熱中症の疑いで病院に運ばれましたが死亡しました。

消防によりますと、21日正午前秋田県湯沢市山田の畑で93歳の男性が倒れているのを家族が見つけ、消防に通報しました。

消防署員が駆けつけた際に男性に意識はなく、熱中症の疑いで病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

秋田県によりますと、熱中症の疑いで死亡したという報告はことしに入ってから県内では初めてだということです。