ウガンダ選手 難民申請したい意向示す 大使館は「帰国させる」

東京オリンピックの事前合宿で滞在していた大阪のホテルからいなくなり、20日に三重県内で見つかったウガンダの選手は、21日、警察に付き添われてウガンダ大使館のある東京都内に移動しました。
大使館は「きょうにも帰国させる」としていて、関係者が対応を協議しています。

東京オリンピックウガンダ選手団のメンバーで、ウエイトリフティングのジュリアス・セチトレコ選手(20)は、今月16日、滞在していたホテルに「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕事をしたい」などと書いたメモを残して所在が分からなくなっていましたが、20日に三重県四日市の警察署を訪れて保護されました。

関係者によりますと、セチトレコ選手は21日未明、警察官に付き添われてウガンダ大使館のある東京 渋谷区に移動したということです。

現在、本人は渋谷警察署の中にいますが、これまでの聞き取りに対して難民申請をしたいという意向を示していたということです。

ウガンダ大使館は「きょうにも帰国させる」とするコメントを出していて、関係者が引き続き対応を協議しています。