中国 ”時速600キロ”のリニアモーターカー公開

中国の大手鉄道車両メーカーは20日、設計速度が時速600キロだとするリニアモーターカーを公開し中国独自の技術で開発したとアピールしました。

中国の大手鉄道車両メーカー「中国中車」は20日、山東省青島で設計速度が時速600キロだとするリニアモーターカーを公開しました。

公開されたのは5両編成のリニアモーターカーで1両に100人以上が乗車することができ、最長で10両編成で走行することを想定しているということです。

ただ、実際に時速600キロで試験走行する時期は明らかにしませんでした。

中国では2002年に上海でドイツの技術を採用したリニアモーターカーが開業し、およそ30キロの区間を運行していますが、今回発表したリニアモーターカーについて会社側は「中国が完全に独自の知的財産権を保有している」として独自の技術で開発したとアピールしています。

日本ではJR東海がリニア中央新幹線の走行実験でギネス世界記録となる時速603キロを出していて開発をめぐる国際的な競争が激しくなりそうです。