サッカーJ1 横浜FM・オナイウ阿道がフランス2部へ完全移籍へ

サッカーの日本代表でJ1、横浜F・マリノスのフォワード、オナイウ阿道選手がフランス2部リーグのトゥールーズに完全移籍することになりました。

オナイウ選手は、埼玉県出身の25歳。

ナイジェリア人の父親と日本人の母親を持ち、高い身体能力とスピードが持ち味のフォワードです。

2014年にJ2のジェフ千葉でプロデビューし、その後、浦和レッズや大分トリニータなどを経て昨シーズンからF・マリノスでプレーしていました。

今シーズンはここまでリーグ戦20試合でリーグで2番目に多い12得点をマークしていて、先月行われたワールドカップカタール大会、アジア2次予選のキルギス戦では日本代表として自身初のハットトリックを達成しました。

F・マリノスによりますとオナイウ選手はフランス2部リーグのトゥールーズへ完全移籍することが決まったということです。

初めて海外のクラブに移籍するオナイウ選手はすでにチームに合流しているということで「より成長するために決断した。これまで培ってきたものをヨーロッパの舞台で発揮したい」とコメントしています。

トゥールーズは昨シーズンはフランス2部リーグで3位の成績で今シーズンは1部昇格を目指しています。