日韓次官会談 慰安婦や「徴用」めぐる問題で平行線

日韓関係が冷え込む中、外務省の森事務次官は就任後初めて韓国のチェ・ジョンゴン第1外務次官と会談し、慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で適切な対応を求めましたが、チェ次官は従来の立場を説明するにとどまりました。

森事務次官は慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題に対する韓国側の対応により、日韓関係は非常に厳しい状況にあると指摘しこうした懸案の解決に向け韓国側の責任で適切に対応するよう強く求めました。

これに対し、チェ・ジョンゴン第1外務次官は、従来の韓国側の立場に基づいて説明するにとどまり平行線をたどりました。

またソウルにある日本大使館の相馬総括公使がムン・ジェイン政権の対日外交姿勢に関し、不適切な発言をしたことについてチェ次官が抗議したのに対し、森次官は極めて不適切な発言であり遺憾だという認識を伝えました。

そして両次官は、日韓関係の現状をこのまま放置すべきでないという認識で一致し、健全な関係に戻すため外交当局間の意思疎通を継続していくことを確認しました。

一方、両次官は北朝鮮への対応をはじめ、地域の安定にとって日韓両国、そして日米韓3か国の協力が重要だという認識で一致し、引き続き緊密に連携していくことを確認しました。