“オレンジ色のスイカ” 収穫始まる 北海道 小平町

北海道の小平町でオレンジ色のスイカ「サマーオレンジ」の収穫が始まっています。

サマーオレンジは果肉がオレンジ色の珍しいスイカで、道内では日本海側などで栽培されています。

小平町の農家 加藤健史さんの農業用ハウスではことしも順調に育ち、今週から収穫が始まっています。

加藤さんは1玉ずつ生育状況を確かめながらハサミで茎の部分を切り取って収穫していました。

サマーオレンジは糖度が高く種が少ないことから人気で、地元では直径30センチほどの最も高いランクのものが1玉およそ5000円で販売されているということです。

加藤さんは「ことしも天候に恵まれ生育は順調です。ぜひたくさんの人に食べてほしい」と話していました。

サマーオレンジの収穫は来月中旬まで続き、およそ2000玉が地元のスーパーや道の駅などに出荷されるということです。