西日本から東北にかけ猛暑日予想 熱中症に警戒

連日の猛暑が続きそうです。21日も西日本から東北にかけての各地で気温が35度以上の猛暑日が予想されていて、外出はなるべく避け、こまめに水分を補給したり適切に冷房を使ったりするなど熱中症への警戒が必要です。

気象庁によりますと、20日は全国的に気温が上がり、ことし最も多い全国118の観測地点で35度以上の猛暑日となりました。

21日も西日本から北日本にかけて高気圧に覆われて晴れ、日ざしが照りつけて気温が上がる見込みです。

日中の最高気温は福岡県久留米市や大阪市、埼玉県熊谷市などで36度、福岡市、広島市、山形市などで35度と猛暑日が予想されています。

また、東京の都心や福島市、北海道旭川市などでも34度と厳しい暑さが予想されています。

毎年、梅雨が明けてから急激に気温が上がるこの時期は熱中症による搬送者が急増し高齢者を中心に亡くなる人も増える傾向があります。

外出はなるべく避けてこまめに水分を補給し、屋内では適切に冷房を使用する、屋外では人との距離が十分あるときにはマスクを外して休憩するなど熱中症に警戒が必要です。

また、これから夏休みに入る子どもも外出する機会が増えるため、子どもの体調の変化にも気をつけるようにしてください。