局地的な集中豪雨 スパコン「富岳」で予測 実証実験開始

関東地方に降る局地的な大雨を、スーパーコンピューター「富岳」を使って精度よく予測するシステムを理化学研究所などのグループが開発し20日から実証実験を始めました。

現在の天気予報では、数分程度で急速に発達する雲によって局地的に降る大雨を正確に予測するのは難しいとされています。

理化学研究所などのグループは、世界でもトップクラスのスーパーコンピューター「富岳」を使って30秒に1度の頻度で雲の発達を計算して、関東地方の局地的な大雨を30分後まで予測するシステムの実証実験を始めました。

このシステムでは最大1000とおりのシミュレーションを行うため精度が高くなるということです。

予測の結果は来月8日までと、来月24日から9月5日までの期間、理化学研究所のホームページなどで公開される予定です。