政府 北海道のまん延防止は「直ちに適用する状況にはない」

新型コロナウイルス対策で、政府はまん延防止等重点措置の適用を要請した北海道について、新規感染者は増えているものの病床の使用率などから直ちに適用する状況にはないとして連携して対策の徹底を図ることにしています。

北海道は、札幌市で新型コロナウイルスの感染が拡大していることから19日、政府に対し、まん延防止等重点措置を適用するよう要請しました。

これに関連して加藤官房長官は記者会見で、感染状況などを注視し専門家の意見も聴きながら自治体と連携して対応していく考えを示しました。

政府は北海道について、新規感染者は増えているものの病床の使用率などから直ちに重点措置を適用する状況にはないとして、道と連携して飲食店での感染対策の徹底などを図ることにしています。

また、重点措置が適用されている埼玉、千葉、神奈川と大阪については引き続き対策を徹底するとともに、病床の状況などを注視しながら機動的に対応する方針です。

一方、全国の感染状況について、政府内には新規感染者に占める高齢者の割合が低下し、重症者の数はほぼ横ばいで推移していることからワクチン接種の効果が表れ始めているという見方もあり、引き続き着実な接種の実施に全力を挙げることにしています。