日米 “台湾海峡の平和と安定の重要性確認”

外務省の森事務次官は、日本を訪れているアメリカのシャーマン国務副長官と会談し、中国が東シナ海などで継続・強化している、力を背景とした一方的な現状変更の試みに強く反対するとともに、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認しました。

この中で森事務次官は「バイデン政権発足後、日米両国で具体的な外交政策を推進することができている」と述べたのに対し、シャーマン国務副長官も「今回の日本訪問は、同盟国との連携を重視するアメリカの決意の表れだ」と応じました。

そのうえで、日米同盟の強化に加え、自由で開かれたインド太平洋の実現や新型コロナウイルス対策などの国際的な課題への対応で、引き続き日米間で緊密に連携していくことで一致しました。

また、両氏は、中国が東シナ海や南シナ海で継続・強化している、力を背景とした一方的な現状変更の試みに強く反対するとともに、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認しました。

さらに、香港や新疆ウイグル自治区の状況への深刻な懸念を共有しました。

このほか会談では、北朝鮮の完全な非核化に向けて、日米で緊密に連携していく方針で一致し、日米韓3か国の連携の重要性も改めて確認しました。