トヨタ「レクサス」販売店で不正車検 2年間で565台 東京 高輪

トヨタ自動車は、高級車ブランド・レクサスを扱う東京都内の店舗で、不正な車検が行われていたことを明らかにしました。慢性的な人員不足が原因だとしていて、今後、整備士を増やすなど再発防止策を急ぐことにしています。

トヨタ自動車と、系列の販売会社のトヨタモビリティ東京は20日、オンラインで会見を開き、東京 港区のレクサス高輪店で不正な車検が行われていたと明らかにしました。

必要とされている検査を実施していなかったり、基準を満たしていないのに適合しているように数値を書き換えたりしていたということで、先月までの2年間で565台にのぼります。

国土交通省からの指摘を受けて発覚したということで、会社側は車検の作業量が増加しているにもかかわらず、慢性的に人員が不足していたのが原因だとしています。

不正な車検が行われた車については、無償で再検査をする方針です。

「ネッツトヨタ愛知」愛知 豊橋の店舗でも不正車検が発覚

トヨタでは、系列の販売会社「ネッツトヨタ愛知」の愛知県豊橋市にある店舗でも不正車検が発覚しています。

今後、整備士を増やすとともに、作業を効率化させる機器を導入するなど再発防止策を急ぐことにしています。

トヨタモビリティ東京の関島誠一社長は「国の認可を受けた事業者で責任ある立場にもかかわらず、絶対にあってはならないことで深くおわびします」と陳謝しました。

すべての販売店で不正がないか確認を指示 国土交通省

トヨタ自動車系列の販売会社「トヨタモビリティ東京」の店舗で不正な車検が行われていたことを受け、国土交通省関東運輸局は、都内にある会社のすべての店舗、およそ200か所に同様の不正がないか早急に確認するよう指示しました。

国土交通省によりますと、通常は不正があった店舗のみに詳細な報告を求めますが、トヨタの系列の販売店をめぐっては、ことし3月に愛知県の店舗でも不正な車検が繰り返し行われ、指定自動車整備事業の指定を取り消すなど不正が相次いでいることから、すべての店舗に確認を指示したということです。