衆院選山口3区“地元意向など踏まえ公認決定”自民 二階幹事長

次の衆議院選挙に向けて、自民党内では、2人が山口3区で立候補する意向を示していることについて、二階幹事長は、地元の意向などを踏まえて、公認を決めたいという考えを示しました。

次の衆議院選挙に向けて、自民党内では、現職の河村元官房長官と参議院議員の林元文部科学大臣の2人が山口3区で立候補する意向を示していて、分裂選挙になる可能性も出ています。

二階幹事長は、記者会見で「公認の問題は、まずは地元の意向を聞いて対応する。勝てる候補者を出さなければならないが、党の規約や基準に合わせなければいけないことも事実だ」と述べました。

一方で、先月、林氏が立候補すれば処分も辞さない考えを示したことについて見解を問われ、二階氏は「地域のことは、その地方の議員が状況を十分勘案して慎重に決めるべきだ」と述べるにとどめました。