丸川五輪相 “安全安心の大会に” 小山田さん発言 許されない

東京オリンピックの開幕を前に丸川担当大臣は、記者会見で、安全・安心な大会の実現に取り組む考えを重ねて強調しました。

この中で、丸川担当大臣は「世界中から多くのアスリートを日本にお迎えし、世界の最高の競技が繰り広げられることを期待をしている。世界の頂点を目指すアスリートの姿を通じて、次の時代を生きる子どもたちに夢や感動を味わってほしい」と述べました。

そのうえで、安全・安心な大会の実現に取り組む考えを重ねて強調しました。

また、小山田圭吾さんが過去のいじめに関する発言をめぐって、東京オリンピックの開会式の作曲担当者を辞任したことについて「障害の有無にかかわらず、いじめや虐待はあってはならない行為だ。政府として、共生社会の実現に向けた取り組みを進めており、全く許されないことだと認識している」と述べ、組織委員会などと連携し、共生社会の実現という大会の精神を共有できるよう努める考えを示しました。

平沢復興相「『復興五輪』の理念に変わりはない」

平沢復興大臣は、閣議のあとの記者会見で、東京オリンピックの開幕に向け、メッセージを公表しました。

メッセージでは「多くの競技が無観客での開催となっても『復興五輪』の理念に変わりはない。発災時に多くのご支援をいただいた国内外の方々に改めて感謝申し上げるとともに、大会を通じて、震災の被害から復興しつつある被災地の姿を発信していきたい」としています。

また「原子力災害のあった福島県をはじめとする被災地の農林水産物は、依然として風評被害という課題が残っている。世界中の注目が集まる東京大会も含め、科学的根拠に基づいた正確な情報を国際社会に対して発信し、風評の払しょくに向けた取り組みを推進していく」としています。

自民 世耕氏「『さすが日本』と言われるような運営に期待」

自民党の世耕参議院幹事長は、記者会見で「緊急事態宣言が発出されている中で、大変難しい大会運営になるだろうが、ぜひ成功させなければならない。世界から『さすが日本だ』と言われるような運営に期待したい」と述べました。

一方、小山田圭吾さんが過去のいじめに関する発言をめぐって、東京オリンピックの開会式の作曲担当者を辞任したことについて「どうして事前に過去の発言などをチェックできなかったのか、大変残念で、対応も遅かった。速やかに対処すべきだった」と述べました。