韓国主要メディア ムン大統領の訪日見送り 大きく伝える

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が東京オリンピックの開会式にあわせて検討していた日本訪問を見送ったことについて韓国の主要メディアは大きく伝え、日韓両政府は関係改善の努力を続けるべきだという指摘が出ています。

韓国大統領府は、ムン・ジェイン大統領が、東京オリンピックの開会式にあわせて日本を訪問し、菅総理大臣と初めて対面で首脳会談を行うことを検討してきましたが、19日、訪問を見送ると発表しました。

これについて20日朝の韓国の主要な新聞は1面や社説などで大きく取り上げています。

このうち保守系の東亜日報は「ムン大統領が日本の訪問に苦心したのは任期内に両国関係を改善しようという意思があったためだ」という大統領府関係者の話を伝えたうえで「日韓関係の転換点を見つける努力を怠ってはならない」と指摘しています。

また、同じく保守系の中央日報は社説で、「日米韓3か国の協力にも悪影響を及ぼすほかない。両国の信頼を回復して関係を改善しようという努力を諦めてはならない」と伝えています。

一方で、革新系のハンギョレ新聞は、ソウル駐在の日本の総括公使がムン政権の対日外交姿勢をめぐり不適切な発言をしたことに触れ、「日本政府の姿からは対話を通じて問題を解決しようという意思が見当たらない」として日本政府が韓国に対する態度を変える必要があると主張しています。