台風6号 23日にかけ強い勢力で先島諸島接近へ 暴風や高波警戒

台風6号は、沖縄県の大東島地方を暴風域に巻き込みながら西よりに進み、今月23日にかけて強い勢力となって先島諸島に接近する見込みです。暴風や高波に警戒してください。

気象台によりますと、台風6号は、午後6時には南大東島の西南西230キロを1時間におよそ15キロの速さで西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心の北東側240キロ以内と南西側150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風が接近している大東島地方では非常に強い風が吹いていて、北大東空港では午後2時半ごろに32.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は今後、発達しながら沖縄の南を西よりに進み、今月23日にかけて強い勢力となって先島諸島に接近する見込みです。

21日にかけて予想される最大風速は、
▽沖縄地方で40メートル、
▽鹿児島県の奄美地方で20メートル、
最大瞬間風速は、
▽沖縄地方で55メートル、
▽奄美地方で30メートルとなっています。

22日にかけての最大風速は、
▽沖縄地方で30メートルから40メートル、
▽奄美地方で15メートルから19メートル、
最大瞬間風速は、
▽沖縄地方で40メートルから60メートル、
▽奄美地方で20メートルから30メートルと予想されています。

沖縄と奄美の海上は21日にかけてうねりを伴って8メートルの大しけが続き、沖縄地方では22日には10メートルの猛烈なしけになる見込みです。

台風の接近に伴って沖縄と奄美では大気の状態が不安定になり、雷を伴って激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降るおそれがあります。

21日の夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
▽沖縄地方で150ミリ、
▽奄美地方で120ミリと予想され、
その後、22日夕方までの24時間には、
▽沖縄地方で200ミリから300ミリ、
▽奄美地方で50ミリから100ミリと予想されています。

台風の進路や速度によっては雨量が増えるおそれがあります。

気象庁はうねりを伴った高波に警戒するとともに、今後台風が接近する地域では早めに風や雨などの対策をとるよう呼びかけています。