“親子”2人 刃物で刺され死亡 25歳の容疑者を逮捕 愛知 稲沢

20日未明、愛知県稲沢市の市営住宅で、親子とみられる男女2人が刃物で刺されてその後死亡し、警察は市営住宅の敷地内にいた25歳の容疑者を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。調べに対し「父親と姉を包丁で刺した」などと、供述しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

20日午前0時すぎ、愛知県稲沢市西島新町の市営住宅で、住民から「叫び声が聞こえた」などと警察に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、市営住宅の4階の部屋の玄関近くで20代くらいの女性が、風呂場で70代くらいの男性が、刃物で刺されて倒れているのが見つかったということです。

警察は手に血がついた状態で9階の通路にいた、無職の高橋智容疑者(25)を女性に対する殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。

警察によりますと、調べに対し「父親と姉を包丁で刺した」などと、供述しているということです。

2人は病院に運ばれましたが、いずれも死亡し、警察は殺人の疑いで詳しいいきさつを調べることにしています。

現場は、稲沢市役所から西におよそ2キロの住宅や田畑が混在する地域です。