菅首相「やってよかったと言われる大会に」東京五輪で決意

東京オリンピック・パラリンピックについて、菅総理大臣は「結果的に『やってよかった』と言われるような大会にしたい」と決意を強調しました。また、パラリンピックは、感染を収束させて観客を入れて開催したいという考えを示しました。

菅総理大臣は、スポーツ報知のインタビューで、東京大会について「1年間の延期、新型コロナの感染拡大による緊急事態宣言の発令や、まん延防止等重点措置が適用される中だが、日本は誘致に手を挙げ、大会を開催する責任がある」としています。

そのうえで「人類の努力と英知を結集し、困難を乗り越えた大会になるだろう。結果的に『やってよかった』と言われるような大会にしたい」と決意を強調しています。

「パラリンピックは感染収束させ有観客で」

また、パラリンピックの観客の扱いをオリンピック閉会後に判断することについては「その時の状況次第ではあるが、パラリンピックは少し先なので、ある程度、感染を収束させて、有観客で開催できればいいと思っている」としています。

立民 枝野代表「感染対策は穴だらけ」

立憲民主党の枝野代表は党の役員会で「オリンピックの感染対策に関する政府の説明自体が、実態とは全く異なっていたことが、この間の野党ヒアリングでも明らかになってきている。感染対策は本当に穴だらけで、われわれが厳しくチェックしていかないといけない」と述べました。