小山田さん五輪作曲陣 辞任「人権配慮した大会に」小池知事

東京オリンピックの開会式で作曲の担当者の1人だった、ミュージシャンの小山田圭吾さんが辞任したことについて、東京都の小池知事は「人権に配慮した大会にすべきだ」と述べました。

東京オリンピックの開会式で作曲の担当者の1人だった、ミュージシャンの小山田圭吾さんは、過去に雑誌のインタビューで明かした、いじめの告白に対する批判が相次いだことから辞任しました。

これについて東京都の小池知事は記者団に対し「もともと、大会は多様性と調和を理念にあげている。その観点からも人権に配慮した大会にすべきだ」と述べました。

そのうえで「それらのことはしっかりと、皆さんに理解してもらえるような対応を、これからもしていく必要がある」と述べました。

萩生田文科相「時代がどう変わろうといじめはあってはならない」

萩生田文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で「教育を所管する大臣として、いじめは決して許されないことで、いじめをなくすという意識を社会全体で共有していくことが必要だ。大会組織委員会が小山田氏の辞任を受け入れたのでそれ以上のコメントは控えたいが、時代が、どう変わろうといじめはあってはならない」と述べました。

自民 二階幹事長「国際社会の標準に合わせて対応を」

自民党の二階幹事長は、記者会見で「コロナ禍という厳しい環境の中で、安全・安心な大会実現のために尽力している大会関係者の努力に改めて感謝申し上げたい。選手の皆さんが最高の結果を出せるよう心から願っている」と述べました。

一方、小山田圭吾さんが過去のいじめに関する発言をめぐって、東京オリンピックの開会式の作曲担当者を辞任したことについては「答弁の必要もない。国際社会の標準に合わせて対応していけばいい」と指摘しました。

公明 山口代表「緊張感を持って万全を」

公明党の山口代表は政府与党連絡会議のあと記者団に対し「アスリートや大会関係者に対する検査や医療の提供など、感染対策をしっかり行い、安全・安心な大会の実現に向けて、緊張感を持って万全を期すことが重要だ」と述べました。

一方、小山田圭吾さんが過去のいじめに関する発言をめぐって、東京オリンピックの開会式の作曲担当者を辞任したことについて「大会直前ではあるが、過去の言動がオリンピック精神に調和せず、国民の厳しい受け止めもあり、辞任はやむをえない」と述べました。