台風6号 23日にかけて沖縄地方に接近見込み 暴風に厳重警戒を

台風6号は、発達しながら沖縄の南を西よりに進み、今月23日にかけて強い勢力となって沖縄地方に接近する見込みです。沖縄地方では暴風に厳重に警戒するとともに、沖縄地方と鹿児島県の奄美地方では高波への警戒が必要です。

気象庁の観測によりますと、台風6号は20日午前3時には、南大東島の南およそ180キロの海上でほとんど停滞しています。

台風は今後、発達しながら沖縄の南を西よりに進み、今月23日にかけて強い勢力となって沖縄地方に接近する見込みです。

沖縄地方で予想される最大瞬間風速は、
▽21日にかけて55メートル、
▽22日が40メートルから60メートルで、
宮古島地方では
▽21日昼すぎから猛烈な風が吹くおそれがあります。

沖縄地方や奄美地方の海上では、うねりを伴った大しけとなる見込みで、21日にかけて予想される波の高さは、沖縄地方と奄美地方で8メートルとなっています。

また、激しい雨や非常に激しい雨が降るところがあり、台風の進路によっては今月23日ごろにかけて警報級の大雨となるおそれがあります。

沖縄地方では暴風に厳重に警戒するとともに、沖縄地方と奄美地方では高波への警戒が必要です。

また、土砂災害などに十分に注意してください。