共産 小池書記局長 国民 玉木代表“全体主義”発言 撤回求める

国民民主党の玉木代表が、共産党は全体主義の政党だとする発言をしたことについて、共産党の小池書記局長は「わが党は、民主主義と自由を何より大切にする政党で、事実無根だ」と述べ、玉木氏に発言の撤回を求めました。

国民民主党の玉木代表は、今月15日に連合と個別に政策協定を締結した際、文書に明記された「左右の全体主義を排し、健全な民主主義を推進する」という文言をめぐり「全体主義は、共産党のことだ」と発言しました。

これについて、共産党の小池書記局長は19日の記者会見で「わが党は、戦前から軍国主義とファシズムと戦い続け、民主主義と自由を何より大切にする政党だ。全体主義とは対極にあり、事実無根だ」と述べ、玉木氏に発言の撤回を求めました。

一方、立憲民主党の枝野代表は、同じ内容の政策協定を連合と個別に締結した際「全体主義」の文言について、具体的な政党を特定したものではないという認識を示しています。