【動画】「鈴鹿サーキット」走るレーシングカーから360度撮影

NHK津放送局は、ことし3月、三重県鈴鹿市の「鈴鹿サーキット」で国内自動車レースの最高峰、スーパーフォーミュラのテスト走行の様子を360度撮影できるカメラで取材し、ホームページに公開しています。

撮影は、時速およそ260キロで走るレーシングカーに上下左右360度撮影できるカメラを設置して行いました。

映像では、アクセルを踏んだままコーナーを曲がるときのハンドルさばきやピットの中での車の調整などふだん見ることのできない様子を楽しむことができます。

この動画はパソコンやスマートフォンを操作することで、映像を好きな方向に動かすことができ、ドライバーになったような感覚で走行を体験できます。

動画は、NHKのホームページ「NHKVR・AR」で見られます。