韓国 相馬総括公使の不適切発言「大変遺憾」加藤官房長官

ソウルにある日本大使館の相馬総括公使が懇談の場で、韓国のムン・ジェイン(文在寅)政権の対日外交姿勢を性的なたとえを使って表現したことについて、加藤官房長官は、外交官として極めて不適切な発言だとして、大変遺憾だという考えを示しました。

韓国メディアは、ソウルにある日本大使館の幹部が懇談の場で、ムン・ジェイン政権の対日外交姿勢を性的なたとえを使って表現したと伝え、日本大使館は、懇談の場にいたのは相馬総括公使で報道されたような表現を使ったことは事実だと発表しました。

加藤官房長官は午前の記者会見で「日本政府として、いかなる状況や文脈のもとで行われたものであったとしても、外交官として極めて不適切な発言がなされたことは大変遺憾だと考えている。現地で大使が厳重に注意したと承知している」と述べました。

また記者団が「公使の日本への送還など具体的な対応をとるのか」と質問したのに対し「在外公館職員の広い意味での人事ということになるが、外務大臣が勤務地での在任期間なども考慮したうえで適材適所の観点から判断しており、引き続き、そうした考え方にのっとって対応されるものと承知している」と述べました。