小山田圭吾さん いじめ謝罪「いじめ あってはならず」官房長官

東京オリンピックの開会式で作曲を担当するミュージシャンの小山田圭吾さんが学生時代のいじめの告白を謝罪したことに関連し、加藤官房長官は、いじめはあってはならない行為だとして大会組織委員会で適切に対応することが必要だという認識を示しました。

東京オリンピックの開会式で作曲を担当するミュージシャンの小山田圭吾さんは過去に雑誌のインタビューで学生時代にいじめを行っていたことを告白していたことについて、自身のホームページやSNSにおわびの文章を掲載しました。

加藤官房長官は午前の記者会見で「障害の有無にかかわらず、いじめや虐待はあってはならない行為だ。政府として共生社会の実現に向けた取り組みを進めており、こうしたことに照らしても全く許されるものではない」と述べました。

そのうえで「菅総理大臣は東京大会では共生社会の実現に向けた心のバリアフリーの精神をしっかり伝えたいと話しており、そのことに何ら変わることはない。その点も踏まえて組織委員会で適切な対応をとっていくことが必要だ」と述べました。