宅配に遅れも 五輪・パラ期間中 交通規制の影響で

宅配各社は、19日から始まる大規模な交通規制の影響で東京オリンピック・パラリンピックの期間中は、荷物の配達に遅れが見込まれるとして注意を呼びかけています。

このうち日本郵便は、大会期間中、都内を中心に会場周辺では郵便物や宅配便の配達に半日から一日程度遅れが見込まれるとしています。

都内で遅れが見込まれるのは、中央区、千代田区、港区、江東区、品川区のほか、大田区、渋谷区、新宿区の一部です。

また、都内以外でも競技が行われる北海道や宮城県、福島県、茨城県、千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県、静岡県では、遅れが見込まれるということです。

このほか、ヤマト運輸や佐川急便も選手村や競技会場の周辺では荷物の配達に遅れが見込まれるとしています。

各社は、遅れが見込まれる日時や地域などの詳細はホームページなどで確認してほしいとしています。

また、今回の大会は、競技の大部分が無観客で実施されますが、宅配各社には利用者から会場で観戦できないかわりに選手にプレゼントを贈ることで応援の気持ちを伝えたいという声が多く寄せられているということです。

ただ、選手村に宛てた宅配便は、警備上の理由から事前に選手などから大会組織委員会に申告がないと届けることができず、利用者に返品されるということで各社は注意を呼びかけています。