タイ バンコク コロナ対応めぐり首相の辞任など求めるデモ

新型コロナウイルスの感染が拡大しているタイの首都バンコクで、政府の対応が不十分だとして、プラユット首相の辞任などを求める抗議デモが行われました。

タイでは新型コロナウイルスの新たな感染者数が19日も、1万1784人に上り、4日続けて過去最多を更新しました。

国内では、政府の新型コロナへの対応が不十分なために感染が拡大したという指摘が上がっているほか、ワクチンの調達も進んでいないとして不満が高まっていて、バンコクでは18日、若者たちがプラユット首相の辞任などを求める抗議デモを行いました。

バンコクでは感染防止のため5人を超える集まりが禁止されていますが、警察によりますと、デモにはおよそ1000人が参加したということです。

参加者の一部は警官隊と衝突し、地元当局によりますと、デモの参加者少なくとも2人がけがをして病院で手当てを受けたということです。

タイでは去年、首相の辞任や王制改革を求めるデモが相次ぎましたが、新型コロナの感染拡大に歯止めがかからない中、6月から再び毎週のようにデモが行われています。