サッカー 横浜F・マリノス 新監督に元豪代表のマスカット氏

サッカーJ1の横浜F・マリノスはオーストラリア人のケビン・マスカット氏が新たな監督に就任することで基本合意したと発表しました。

F・マリノスは、おととしチームを15年ぶりのリーグ優勝に導いたポステコグルー氏がスコットランドプレミアリーグ、セルティックの監督に就任するため、シーズン途中で退きました。

クラブは攻撃的なサッカーを継続するためポステコグルー氏のもとでコーチを務めた経験のあるマスカット氏に就任を要請し、基本合意したということです。

マスカット氏は47歳。

現役時代はオーストラリア代表として通算70試合に出場し、引退後はオーストラリアのチームで監督を務めたあと、昨シーズンはベルギー1部リーグのシントトロイデンで指揮を執りました。

マスカット氏はクラブを通じて「アジアで最も競争力のあるJリーグで新たな挑戦ができることをとても楽しみにしている。ポステコグルー氏が築き上げたものをさらに積み上げ、今シーズン、力強く走り抜けられるよう力を尽くしたい」とコメントしています。