北日本から近畿の広い範囲で猛暑日の予想 熱中症に警戒を

19日も北日本から近畿の広い範囲で日中、気温が上がり、各地で猛暑日になる見込みです。こまめに水分を補給したり、適切に冷房を使ったりするなど、熱中症への警戒が必要です。

各地で猛暑日となった18日に続き、19日も北日本から近畿を中心に高気圧に覆われて晴れ、気温が上がる見込みです。

日中の最高気温は、▽岩手県一関市や福島県会津若松市、前橋市、埼玉県熊谷市、それに兵庫県豊岡市で37度、▽大阪市や京都市、それに鳥取市などで36度、▽名古屋市、さいたま市、それに北海道帯広市などで35度と各地で猛烈な暑さが予想されています。

また、東京の都心でも34度と全国的に厳しい暑さが見込まれています。

梅雨明けの時期は、体が暑さに十分に慣れていないこともあり熱中症のリスクが高くなります。

こまめに水分を補給したり、適切に冷房を使ったりするほか、屋外でも人との距離が十分あるときにはマスクを外して休憩するなど熱中症に警戒してください。