東京五輪 きょうから大規模交通規制 競技会場周辺などで

7月23日に開幕する東京オリンピックを前に、競技会場が集中する都内やその周辺では、19日から大規模な交通規制が始まり、大会関係の車両のための「専用レーン」や「優先レーン」も設けられました。

19日から始まった大規模な交通規制のうち、東京都と千葉県の競技会場周辺にある11の区間では、大会関係の車両以外の通行を禁止する「専用レーン」と、大会関係の車両に進路を譲らなければならない「優先レーン」が設けられました。

渋谷区の国立代々木競技場の近くに設けられた優先レーンでは、午前0時になるとデジタル式の標識に「TOKYO2020優先」の文字が表示されました。

この場所では大会期間中、午前5時から翌日の未明まで通行が規制されるということです。
レーンには標識などのほか、桜色で「専用レーン」には実線、「優先レーン」には点線が引かれ一般の道路と区別されていて、違反した場合は普通車で違反点数1点、反則金6000円が科されます。
また、大会期間中、首都高速道路では交通の状況に応じて入口の閉鎖などが行われるほか、マイカー利用の車などは午前6時から午後10時まで通行料金が1000円上乗せされます。

会場周辺の一般道路でも、競技の当日を中心に、信号の時間調整や通行止めなどの措置がとられるということです。

警察庁や組織委員会などは、一般のドライバーや事業者に対し、車の利用を控えるとともに、利用する際はホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。