台風6号が発生 今後北上し沖縄地方に近づくおそれ

18日午前3時、日本の南の海上で台風6号が発生しました。今後、北上して沖縄地方に近づくおそれがあり、気象庁は、沖縄地方では最新の情報に注意し、暴風や高波への備えを進めるよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、18日午前3時、日本の南の海上で熱帯低気圧が台風6号に変わりました。

中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル、中心の東側560キロ以内と西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風はゆっくりとした早さで北北西へ進んでいて、今月21日ごろにかけて沖縄地方に近づくおそれがあります。

沖縄地方では19日以降海は大しけとなり、20日以降は最大風速30メートル以上と暴風が吹くおそれがあります。

気象庁は最新の情報に注意するとともに、暴風や高波への備えを進めるよう呼びかけています。