東京など五輪競技会場周辺 あすから大規模交通規制

今月23日に開幕する東京オリンピックを前に、競技会場が集中する都内やその周辺では19日から大規模な交通規制が始まります。大会関係の車両以外の通行を禁止する「専用レーン」の運用も始まり、警察庁などは一般のドライバーや事業者に対し大会期間中は車の利用を控えるよう呼びかけています。

大規模な交通規制が始まるのは、競技会場が集中する東京都と千葉県、埼玉県、それに神奈川県などです。

警察庁によりますと、規制の対象となるのは大会関係者の輸送ルートで、都心へ向かう首都高速道路などでは交通の状況に応じて入り口の閉鎖や車線規制が行われます。

また会場周辺の一般道路でも競技の当日を中心に信号の時間調整や通行止めなどの措置がとられるということです。

さらに、東京都と千葉県の会場周辺にある合わせて11の区間では大会関係の車両以外の通行を禁止する「専用レーン」と、大会関係の車両に進路を譲らなければならない「優先レーン」の運用が始まります。

違反した場合は普通車で違反点数1点、反則金6000円が科されます。

各レーンには「TOKYO2020」の文字が入った標識が設置されるほか、桜色で「専用レーン」には実線、「優先レーン」には点線がそれぞれ引かれ、一般の道路と区別されるということです。

これらの交通規制は19日午前0時から順次始まります。

東京オリンピック・パラリンピックでは都心の交通量をおさえながら大会関係者の移動をスムーズに行うことが課題で、警察庁などは一般のドライバーや事業者に対し大会期間中は車の利用を控えるよう呼びかけています。

都心部で終日通行止めの区間も

大規模な交通規制は大会期間中、交通の状況に応じて行われますが、都心部では終日、通行止めとなる区間などもあります。

首都高速道路は都心の一部の入り口が終日閉鎖されます。

大会組織委員会などによりますと、閉鎖されるのは埼玉新都心線上りの新都心入り口で7月20日から8月9日まで、10号晴海線下りの晴海入り口で19日から8月9日までと8月24日から9月5日までです。

4号新宿線の外苑入り口はすでに閉鎖されていて、上りが9月16日まで下りが9月8日までとなっています。

また東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式が行われる7月23日、8月8日と24日、それに9月5日は都心環状線、2号目黒線、3号渋谷線、4号新宿線、10号晴海線、11号台場線でいずれも午後から翌日の未明にかけて合わせて16か所の入り口が閉鎖され、都心方面への通行が規制されることになっています。

一方、競技会場周辺の一般道路では大会関係の車両のための「専用レーン」と「優先レーン」が設置され、9月5日まで運用されます。

このうち専用レーンはメインスタジアムの国立競技場と東京 江東区の有明体操競技場、それに千葉市の幕張メッセの周辺に設けられ、大会関係の車両以外は通行が禁止されます。

優先レーンは東京 渋谷区と千代田区、江東区にある会場周辺の合わせて8つの区間に設けられるということです。

警察庁などによりますと今後、状況に応じて規制する箇所や日程が変更になる可能性もあるということで、車を利用する際はホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

運送会社などは対応に追われる

東京やその周辺で大規模な交通規制が始まることを受けて、都内の道路を利用する運送会社などは対応に追われています。

このうち東京 杉並区の運送会社は都内のスーパーやドラッグストア、およそ200店舗に冷凍食品や乳製品などを配送しています。

大規模な交通規制が始まると都心を中心に渋滞が発生し配送に大幅な遅れが生じるおそれがあるため、この会社ではトラックの出発を通常より1時間から2時間ほど早めることを決めました。

これにともなって運転手の出勤時間も早まり、多くの人が未明や早朝に出勤して対応するということです。

また、東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式の日には特に広い範囲で規制が行われるため、会社ではトラックを臨時で5台ほど増やし配送に支障が出ないようにしたいとしています。

この会社に勤める60歳の運転手の男性は「オリンピックが始まってみないと実際の道路状況がどうなるか分かりませんが、渋滞につかまるとその後の配送に次々に影響してしまうので、ひどくならないことを願っています」と話していました。

運送会社の下村真史次長は「会場周辺の通行止めや首都高の通行料金の上乗せなどに伴い、一般道は確実に渋滞すると予想しています。夏は冷凍食品などの需要が高まり配送量も増えるので、商品を確実に届けるためしっかり準備を進めたい」と話していました。

宅配大手各社 一部地域で配達遅れる可能性

大規模な交通規制が始まる影響で、宅配大手の各社は競技会場の周辺など一部の地域で配達が遅れる可能性があるとしています。

このうち日本郵便は19日から8月9日にかけてと8月24日から9月5日にかけて、都内の競技会場周辺の地域が宛先になっている郵便物や「ゆうパック」について配達が半日から1日程度遅れる可能性があるということです。

また、同じ期間に競技会場がある東京以外の自治体などへの配達も遅れが見込まれるとしています。

ヤマト運輸と佐川急便も大会期間中、都内を中心とする会場周辺の地域への配達で遅れが生じる可能性があるということです。

各社は詳しい情報はホームページなどで確認してほしいとしています。