大相撲名古屋場所14日目 白鵬と照ノ富士 ともに全勝守る

大相撲名古屋場所14日目、横綱 白鵬と綱とりがかかる大関 照ノ富士はともに全勝を守りました。

中入り後の勝敗です。

▽十両の若元春に大奄美は、大奄美が寄り切りで勝ちました。

▽新入幕・一山本に栃ノ心は栃ノ心が寄り切り。

▽徳勝龍に魁聖は徳勝龍がすくい投げ。

 魁聖は負け越しました。

▽照強に剣翔は剣翔が小手投げ。

▽志摩ノ海に千代の国は志摩ノ海が上手投げで勝ち越しました。

▽琴ノ若に宝富士は琴ノ若が寄り切りで11勝目を挙げました。

▽千代翔馬に石浦は千代翔馬が上手投げ。

▽千代ノ皇に阿武咲は阿武咲が寄り切り。

▽輝に隠岐の海は輝が押し出し。

▽千代丸に琴恵光は千代丸がはたき込み。

▽玉鷲に北勝富士は玉鷲が押し倒しで11勝目。

 玉鷲は1360回連続出場で歴代単独6位となった節目の一番で白星です。

▽翔猿に妙義龍は妙義龍がはたき込み。

▽英乃海に隆の勝は隆の勝が寄り切り。

 英乃海は負け越しです。

▽逸ノ城に霧馬山は逸ノ城が寄り切り。

▽大栄翔に碧山は碧山がはたき込み。

▽千代大龍に新小結 若隆景は千代大龍が突き出し。

▽新小結 明生に宇良は宇良が寄り切り。

▽関脇 御嶽海に豊昇龍は御嶽海が寄り切りで勝ち越しました。

▽関脇 高安に綱とりの大関 照ノ富士は、照ノ富士が寄り切りで初日から14連勝です。

▽大関 正代に横綱 白鵬は白鵬が浴びせ倒しで14連勝としました。

各力士の談話

勝ち越した剣翔は「中盤くらいからあまりも調子もよくなかったので、ぎりぎりで勝ち越せてよかったです。あすは勝っても負けても来場所につながるように一生懸命相撲を取りたい」と気持ちを込めていました。

千代翔馬は勝ち越しを決め「本当に勝ってよかった。一瞬で決められた。あすもいい結果を残したいし、頑張りたいですね。一番頑張ります」と気合いを入れていました。

36歳の玉鷲は11勝目を挙げ、「今回はいろいろ考えて勝ち越しているし、いい方向に行っている。若手には負けたくない。自分の相撲を磨いて人を興奮させる相撲を見せたいなと思う」と話していました。

9勝目の逸ノ城は「前に攻めて圧力をかけられた。残りしっかり勝って、ふた桁にして終わりたい。とりあえずあす、しっかり勝って終わりたい」と話していました。

返り入幕の宇良は力強い相撲で新小結の明生を破り9勝目で「きのう、対戦相手を見た時、勝ちたいなという思いが特に強くなった。力を出し切れてよかった。けがしないように、最後まで相撲を取りきれるように頑張る」とふた桁白星に向け意気込んでいました。

勝ち越した関脇 御嶽海は「しっかり相手を見られて前にも出られたので、落ち着いて取れてよかった。まだ課題も残っているので頑張りたい。千秋楽、しっかり勝って終わりたい」と話していました。

14連勝の照ノ富士は「焦らないで落ち着いて相撲を取れたのでよかったなと思う」と振り返りました。18日の横綱 白鵬戦に向けては「自分に今できることを精いっぱいやりたい」と話していました。