全英オープンゴルフ第2R 木下稜介 日本勢唯一の決勝ラウンドへ

男子ゴルフの海外メジャー大会、全英オープン選手権は16日、イギリスで第2ラウンドが行われ、木下稜介選手が日本勢ではただ1人、65位で決勝ラウンドに進みました。

初日、91位だった木下選手は第2ラウンドをバーディー3つ、ボギー2つで回ってスコアを1つ伸ばし通算1オーバーの65位で決勝ラウンドに進みました。

48位からスタートした金谷拓実選手と永野竜太郎選手はともにスコアを2つ落として通算2オーバーで決勝ラウンド進出に1打及びませんでした。

東京五輪代表 星野は予選落ち

東京オリンピック代表の星野陸也選手は通算6オーバー、稲森佑貴選手は通算16オーバーで予選落ちしました。

ことしの全米プロ選手権と全米オープン選手権で2位だった南アフリカのルイス・ウーストハイゼン選手がスコアを5つ伸ばして通算11アンダーで単独首位を守りました。

松山英樹選手は出場していません。