菅首相 自由で公正な経済圏拡大や安全安心な五輪に決意 APEC

APEC=アジア太平洋経済協力会議の非公式の首脳会合が16日夜、オンライン形式で開かれ、菅総理大臣は、感染症との戦いに全力を尽くすとともに、自由で公正な経済圏の拡大に関与するほか、安全・安心な東京オリンピックを実現する決意を示しました。

首脳会合には、菅総理大臣のほか、アメリカのバイデン大統領やロシアのプーチン大統領らが参加し、中国の習近平国家主席がビデオメッセージを寄せました。

この中で、菅総理大臣は「新型コロナの克服に向け重要な局面を迎えている今こそ、多国間主義の重要性を再認識し、希望ある未来に向けて連帯を強化していくべきだ。ルールに基づく自由で開かれた秩序の実現が重要で、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた取り組みを戦略的に推進していく」と述べました。

そのうえで、感染症との闘いに全力を尽くすとともに、アジア太平洋地域での自由で公正な経済圏の拡大と多角的自由貿易体制の強化に、引き続き関与していく考えを示しました。

さらに、菅総理大臣は、開幕まで1週間となった東京オリンピックについて「スポーツの力を通じて未来を担う子どもや若者にも夢と感動を伝えるとともに、新型コロナという大きな困難に直面する今だからこそ、団結し、人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを世界に向けて発信していきたい」と述べ、万全な感染対策を講じ、安全・安心な大会を実現する決意を示しました。

政府関係者によりますと、複数の国から東京大会に対する支持が示され、期待が寄せられたということです。