北海道~近畿 気温上昇 猛暑日予想も 九州 四国は大雨に警戒

17日は北海道から近畿にかけての広い範囲で晴れて気温が上がり、各地で午前中から35度に迫る厳しい暑さとなっています。熱中症に十分注意が必要です。

一方、九州や四国では断続的に激しい雨が降っていて、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水などに警戒するよう呼びかけています。

北海道から近畿の広い範囲で高気圧に覆われて晴れ午前中から気温が上がっています。

午前11時半までの最高気温は、新潟県佐渡市羽茂と新潟市秋葉区でいずれも34.2度、北海道佐呂間町や岩手県住田町などで34.1度となっています。

また、気象庁は17日「近畿と東海で梅雨明けしたとみられる」と発表しました。ともに、平年より2日早くなっています。

北日本や東日本を中心にさらに気温は上がり、日中の最高気温は、福島県会津若松市で37度、北海道帯広市や盛岡市、山形市、長野市などで36度、甲府市や福井市、鳥取市などで35度と猛暑日が予想されているほか、東京都心や名古屋市、大阪市などで34度と、各地で真夏日になる見込みです。

こまめな水分補給や適切に冷房を使うなど対策を心がけ、人との距離が十分あるときにはマスクを外して休憩するなどして熱中症に十分注意してください。
一方、暖かく湿った空気が流れ込んでいる西日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になっていて、九州や四国の太平洋側では断続的に激しい雨が降っています。

鹿児島県南種子町では、午前11時までの1時間に23.5ミリの強い雨を観測しました。

午前11時までの48時間雨量は▽宮崎空港で265ミリ、▽宮崎県諸塚村で231ミリなどと大雨になっています。

九州と四国では、18日にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあり、18日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで▽四国で250ミリ▽九州北部と南部で200ミリと予想されています。

19日にかけてさらに雨量が増える見込みで気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに警戒するよう呼びかけています。