“平和都市 長崎で五輪の平和の使命を再確認” IOC調整委員長

IOC=国際オリンピック委員会のコーツ調整委員長が16日に被爆地の長崎市を訪問し「平和の使命を再確認し、長崎に敬意を払います。東京オリンピック・パラリンピックは平和な未来への希望の光となるでしょう」と述べました。

IOCのコーツ調整委員長は、オリンピック・パラリンピックの期間中の休戦を呼びかける国連決議「オリンピック休戦」の期間の初日となる16日に被爆地の長崎市を訪れました。

コーツ委員長は、まず長崎市の長崎原爆資料館で、およそ20分かけて展示を視察しました。

視察は非公開で行われ、資料館によりますと、原爆投下後のまちの悲惨な様子を紹介するさまざまな写真に強い関心を示したということです。

このあとコーツ委員長は「原爆死没者名簿」が納められている国の追悼平和祈念館で献花を行い、「私は平和の使命を再確認し、平和の町 長崎に敬意を払います。社会の中で、より多くの連帯がなければ平和はありません。東京オリンピック・パラリンピックは、より平和な未来への希望の光となるでしょう」などとスピーチしました。

そして、原爆の犠牲者に黙とうを捧げたあと、芳名録に「平和都市・長崎でオリンピックの平和の使命を再確認しました」と記帳しました。

長崎市によりますと、一連の訪問を通じて大きな混乱はなかったということです。