ステルス戦闘機F35B 岸防衛相「新田原基地が最適 説明尽くす」

最新鋭のステルス戦闘機「F35B」について、岸防衛大臣は宮崎県の航空自衛隊新田原基地が配備先に最適だとして、今後、地元の理解を得るため説明を尽くしていく考えを示しました。

自衛隊が導入する最新鋭のステルス戦闘機「F35B」の配備について、防衛省は15日、宮崎県の航空自衛隊新田原基地が最適だと判断したとして地元自治体に説明しました。

岸防衛大臣は、記者会見で「現在、戦闘機部隊を配備している既存の航空自衛隊の基地を中心に検討を進めてきた結果、新田原基地が最適であると判断した」と述べ、令和6年度から段階的に配備する方針を示しました。

そのうえで「地元の皆さんの理解や協力を得ていくことは大変重要だ。現時点でいつまでにどのような配備を行うのか明確に答えることは困難だが、しっかりと説明を尽くしていきたい」と述べました。