関東甲信と東北が梅雨明け いずれも平年より早く 熱中症注意

16日は東日本と北日本で晴れ間が広がり、気象庁は関東甲信と東北が梅雨明けしたと発表しました。猛暑日になるところもある見込みで熱中症に十分注意が必要です。一方、湿った空気の影響で四国や九州南部を中心に週末にかけて雨量が増えるおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水などに十分注意が必要です。

東日本や北日本は高気圧に覆われておおむね晴れ、気象庁は午前11時に「関東甲信と東北が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

各地の梅雨明けは
▽関東甲信で平年より3日、去年より16日、いずれも早く、
▽東北南部が平年より8日、去年より17日、いずれも早くなっています。
また、
▽東北北部は平年より12日早くなっています。去年は8月も曇りや雨の日が多く、梅雨明けは特定されていません。

各地で気温が上がっていて、午前11時半までの最高気温は
▽石川県志賀町で33.6度
▽北海道滝上町と秋田県大館市で33.2度
▽東京の都心で31.7度など
すでに真夏日になっているところがあります。

このあとも気温が上がり、日中の最高気温は
▽福島市で36度と猛暑日が予想されているほか
▽埼玉県熊谷市と新潟県長岡市で34度
▽東京の都心と北海道旭川市で33度と
予想されています。

全国的に向こう1週間は平年よりも気温が高い日が多くなると予想されています。

梅雨明けの時期は、体が暑さに十分に慣れていないこともあり、熱中症のリスクが高まります。こまめな水分補給や適切に冷房を使うなど対策を心がけ、人との距離が十分あるときにはマスクを外して休憩するなどしてください。

四国 九州南部中心に週末にかけ雨量増のおそれ

一方、西日本や東海では上空に寒気があり、地上付近では南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で大気の状態が不安定になっていて、太平洋側を中心に発達した雨雲がかかっています。

午前11時までの1時間に
▽高知県須崎市で30ミリの激しい雨が降りました。

このあとも雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあり、17日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽四国で250ミリ
▽九州南部で150ミリと
予想されています。

その後、18日昼までの24時間には
▽四国で200ミリから300ミリ
▽九州南部で100ミリから200ミリの雨が降ると予想され
総雨量が増えるおそれがあります。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水のほか、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分注意するよう呼びかけています。