国連 事務総長 東京五輪・パラ期間中 世界の紛争休戦呼びかけ

国連のグテーレス事務総長は、東京オリンピックとパラリンピックの期間中、世界の紛争の休戦を呼びかける国連決議についてビデオメッセージを発表し「困難を乗り越えて日本に集まるアスリートと同じように、世界の平和のために連帯を示す必要がある」と訴えました。

国連総会はオリンピック開幕の7日前からパラリンピック閉幕の7日後まで、世界のあらゆる紛争の休戦を求める決議を採択していて、この期間の初日にあたる16日、国連のグテーレス事務総長がビデオメッセージを発表しました。

グテーレス事務総長はまず「世界中のアスリートたちが、新型コロナウイルスのパンデミックの中、大きな困難を乗り越えて日本に集まる。われわれも世界の平和のために同じような力強さと連帯を示す必要がある」と述べました。

そして「休戦を、持続的な平和への道筋を見つけることにもつなげられる」と強調し、オリンピックとパラリンピックの期間中の休戦と、その継続を訴えました。