大相撲 名古屋場所 13日目 綱とりかかる照ノ富士は正代と対戦

大相撲名古屋場所は13日目、全勝の横綱・白鵬は関脇・高安と対戦します。同じく全勝で綱とりがかかる照ノ富士は正代と大関どうしの一番です。

名古屋場所は、進退をかける意向を示している横綱・白鵬と綱とりの大関・照ノ富士の2人が12連勝し優勝争いをリードしています。

白鵬は13日目、大関経験者の関脇・高安の挑戦を受けます。

過去の対戦は白鵬が20勝2敗と圧倒しています。

休場明けの今場所も動きのよさを見せる横綱の優位は揺るぎません。

勝ち越しまであと1勝の高安としては、横綱の厳しい攻めをしのぎながら腰の重さを生かして勝機を伺いたいところです。

今場所も力強い相撲で白星を重ねる照ノ富士は、正代と大関どうしの一番です。

過去の対戦は照ノ富士の7勝6敗ときっ抗していますが、最近3場所はいずれも照ノ富士が白星を挙げています。

胸を合わせる展開になれば圧力のある照ノ富士が優位に立ちそうです。

正代としては、持ち味の柔らかさをいかした取り口で照ノ富士を慌てさせ、同じ大関として意地を見せたいところです。

3敗で追うのは玉鷲と琴ノ若の平幕2人です。

玉鷲は宝富士と、琴ノ若は千代翔馬と対戦します。