裏地がメッシュ生地の子ども用水着で事故相次ぐ 注意呼びかけ

裏地にメッシュ生地が使われた子ども用の水着を着た際に、男性器の皮膚が生地の隙間に挟まってけがをした事故が相次いでいるとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。

国民生活センターによりますと、子ども用の水着の裏地に使われたメッシュ生地に、男性器の皮膚が挟まってけがをしたという事例は、毎年のように報告されていて、この10年ほどで合わせて12件に上り、中には出血したケースや通院が必要になったケースもあったということです。

けがをした子どもの年齢は3歳から13歳までで、水着の種類は競泳用の水着などではなく、いずれもトランクス型の水着でした。

こうした水着の事故をめぐっては、平成22年にメーカーの業界団体が「裏地にメッシュ素材を用いない」などとする独自の安全基準を設けていますが、国民生活センターが、ことし販売実態を調べたところ、インターネット通販でメッシュ生地が使われている商品が複数見つかり、日本の販売店が扱っているものもあったということです。

国民生活センターは消費者に対して、メッシュ生地が使われた水着を子どもには着用させないことや、子どもが痛みを訴えたら無理に取ろうとせずに、すぐに医療機関を受診することなど、注意を呼びかけるとともに、メーカーや販売店などの業界団体に対して、裏地にメッシュ生地を使う子ども用の水着の製造や販売をしないよう要請しました。