あす 猛暑日予想のところも 西日本~東海中心に大気不安定

15日も全国的に気温が上がりましたが、上空の寒気の影響で西日本や東日本を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨が降っています。16日は西日本から東海で大気の不安定な状態が続く見込みで、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、それに川の急な増水などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、15日は南からの暖かい空気などの影響で広い範囲で30度以上の真夏日となりました。

日中の最高気温は、
▽新潟市秋葉区で35度ちょうどと猛暑日となったほか、
▽秋田県大館市で34.8度、
▽福岡県太宰府市で34.7度、
▽北海道の上富良野町で34.2度、
▽京都市で32.1度、
▽東京の都心で31.1度などと、
広い範囲で真夏日となりました。

16日は、北日本や東日本を中心に晴れてさらに気温が上がる見込みで、
日中の最高気温は、
▽福島市や山形市で35度と猛暑日が予想されているほか、
▽北海道の旭川市で33度、
▽福岡市や広島市、大阪市や名古屋市、それに東京の都心で32度などと予想されています。
熱中症に十分注意してください。

一方、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込み続けている影響で大気の状態が不安定になり、この時間、九州から東日本にかけての各地で局地的に雨雲が発達しています。

午後6時までの1時間には国土交通省が広島県福山市に設置した雨量計では70ミリの非常に激しい雨を観測したほか、午後5時までの1時間には鹿児島県曽於市で41ミリ、京都市で38ミリの激しい雨が降りました

16日も西日本から東海を中心に大気の不安定な状態は続く見込みで、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

16日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽四国で200ミリ、
▽九州で120ミリ、
▽東海や近畿、中国地方で80ミリなどと予想されています。

上空の風が弱いため雨雲が発達すると同じ場所にとどまりやすく、予想を上回る雨の量になる可能性があります。

また、九州や四国を中心に今週末にかけて雨量が増えるおそれがあります。

気象庁は土砂災害や川の急な増水、低い土地の浸水のほか、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分注意するよう呼びかけています。