五輪 キプロス陸上代表が合宿地の栃木 下野市で練習開始

東京オリンピックの開幕を前に、栃木県下野市で事前合宿を行っているキプロス共和国の陸上の代表選手が練習を公開しました。

キプロス共和国の選手団は14日から15日未明にかけて栃木県に到着し、陸上競技と自転車競技の選手やコーチら合わせて8人が下野市での事前合宿に入りました。

このうち陸上競技の選手2人は15日午前、市内の大松山運動公園陸上競技場で早速練習を開始しました。

練習では、前回のリオデジャネイロオリンピックで男子円盤投げ8位のアポストロス・パレリス選手や、男子110メートルハードル7位のミラン・トライコヴィッチ選手が、ストレッチなどをして体を動かしていました。

練習の様子は下野市民に限定して公開され、訪れた人たちは選手と十分な距離を保った2階観覧席から静かに見学していました。

訪れた71歳の男性は「地元に来た選手のオリンピックでの活躍をテレビで見られるといいと思います。見る側が気をつけて観覧すれば、いい交流ができると思います」と話していました。

下野市総合政策課の五月女治課長は「コロナ対策が最も重要だと考え、選手や職員、ボランティアの方には毎日PCR検査を受けてもらいます。その中で選手がベストなコンディションになるようサポートしたい」と話していました。