トラックの最適な配送ルート AIが案内 新サービス開始へ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、いわゆる「巣ごもり需要」の高まりで、配送ドライバーの負担が増す中、三菱ふそうトラック・バスは、AI=人工知能を活用して、最も効率的な配送ルートをドライバーに案内するサービスを始めることになりました。

発表によりますと、このサービスは三菱ふそうトラック・バスがアメリカのスタートアップ企業が開発したシステムを活用して提供するもので、荷物の配送先に応じてAIが最も効率的な配送ルートを案内してくれます。

ルートは道路の混み具合や荷降ろしの作業時間なども考慮して示され、サービスの導入によってトラックの稼働率が高まり、1台当たりの走行距離を平均で15%削減できるということです。

国土交通省のまとめによりますと、ネット通販の拡大によって、宅配便の取り扱い量は2019年度までの5年間におよそ2割増加しています。

三菱ふそうトラック・バスの砥上健司営業推進部長は「ドライバーの負担をテクノロジーで解決していきたい」と話していました。

会社では運送会社を対象に、年内にも有料でこのサービスの提供を始めることにしています。